次世代リーダーを育成するには?おすすめの研修も紹介! | Marketing Town(マーケティングタウン)
マーケティングタウン

お役立ち情報

次世代リーダーを育成するには?おすすめの研修も紹介!

VUCAの時代といわれる現代において、市場の変化に対応できる人材への期待はますます高まっています。そのような人材の中から、企業の将来を担う次世代リーダーを選抜して育成する動きが注目を集めています。なぜなら、企業の変革には、それを牽引するリーダーの存在が必要不可欠です。

 

本記事では、次世代リーダー育成の課題やコツ、研修について解説していきます。「次世代リーダーを育成するためにはどうすればいいの?」「次世代リーダー育成研修にはどのようなものがあるの?」とお悩みの方はぜひご参照ください。

  • 次世代リーダーに経営視点を持ってもらいたい
  • オンライン研修でリアルな経営経験をしたい
  • 経営視点を効率的に身につける研修を探している

詳細はこちら

 

そもそも次世代リーダーとは

person standing near the stairs

 

次世代リーダーとは、広義では「将来的に企業経営を担うリーダー候補者」とされています。しかし、このリーダー候補者が誰であるかは、企業によってさまざまです。例えば、それが経営者(後継者)候補者とされることもあれば、経営幹部候補者とされることもあります。そのため、次世代リーダーと一言でいっても、企業ごとにその捉え方は異なるのです。

 

次世代リーダー育成の課題と対策とは

次世代リーダーの重要度は増す一方で、その育成に困難を抱えている企業が多いのが実情です。以下では、2つの課題とそれぞれに対する対策を紹介します。

 

①育成にかかる期間が長い

次世代リーダー育成は、学びを身に付けるまで、身に付けた学びを活かすまでの両方で長い時間がかかってしまいます。その理由はそれぞれ、次世代リーダーが学ぶべき内容が高度かつ多岐にわたるため、育成で得た学びを実務と結びつけるまでに長い空白期間を生んでしまうためとされています。そのことから、育成の費用対効果に疑問を持つ担当者の方も多くいるのです。

 

【対策】

・次世代リーダーが現状の仕事でも活かせる学びの提供

・次世代リーダー育成の長期的かつ計画的な育成方針の設定

 

②育成のゴールが明らかにできない

次世代リーダー育成のゴールを明らかにできない理由は、次世代リーダーがあくまでリーダー候補者に過ぎず、将来のポジションを確実に約束できないからです。だからといって、育成のゴールを曖昧なままにしておくと、候補者は何のために学習しているのか分からなくなり、学習へのモチベーションを大幅に下げてしまうことにつながります。

 

【対策】

・次世代リーダーの明確な定義づけとそれに基づいた人材の選抜

・次世代リーダーに対する期待の伝達とそれによる学習への動機づけ

 

次世代リーダー育成研修とは

これまで説明してきた次世代リーダー育成ですが、研修を活用することによって、より効果的かつ効率的に行うことができます。ここでは、そんな次世代リーダー育成研修について解説します。

 

研修では、どの次世代リーダーにおいても必要とされる「目標管理」「業務管理」「経営知識の三つのスキルを養うことができます。

 

 

研修を行うことで、研修内で実践の場と明確なゴールを提供できるため、前述した課題もスムーズに解決することができます。以下では、次世代リーダー育成研修を含むリーダー研修について詳細に説明しているので、関心のある方はぜひご参照ください。

 

リーダー研修は何をする?VUCA時代必須の研修を解説!

 

次世代リーダー育成研修のポイントとは

 

man using MacBook

 

次世代リーダー育成研修にもさまざまな種類があるため、どの研修がいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。以下では、研修のポイントを紹介しているので、ぜひ研修選びの参考にしてください。

 

・自社の考える次世代リーダーと研修における次世代リーダーの定義が一致しているか

・一時的な座学による講義型研修ではなく、長期的なワークによる実践型研修であるか

 

まず、前述したように次世代リーダーの定義はさまざまです。研修を設計する際には、その認識のずれがないかを確認するようにしましょう。さらに、研修での学びは実務で活かすことができなければ意味がありません。よって、「何を学ぶか」だけではなく「どう学ぶか」にもこだわって設計しましょう。

 

次世代リーダー育成は「マーケティングタウン」で行おう

 

最後に、次世代リーダー研修の2つのポイントを押さえた研修とは何か、その具体例について紹介します。ここで紹介するのは、体感型アクティブ研修といわれ、自社オリジナルで設計可能な「マーケティングタウン」です。

 

マーケティングタウンでは、各プレイヤーは経営者となり、毎回変化する仮想の市場で会社経営を行います。市場環境、プレイヤー間競合、財務状況などを意識しながらプレイする本格派ビジネスボードゲームであるため、次世代リーダーとしての役割や求められるスキルを疑似体験して学ぶことができます。

 

特に、オンライン版の「マーケティングタウン ザ・チーム」では、各メンバーが事業マネージャーとしてチームで経営を体験するため、コロナ禍でなかなか体感型の研修を行うことが難しくなっている状況下でも常に効果的です。

 

さらに、マーケティングタウンは、専属プランナーが企業ごとの課題感や目的に合わせてプログラムをカスタマイズを行います。自社の次世代リーダー育成の定義や研修の目的に合うオリジナルプログラムが作ることができます。

 

まとめ

本記事では、次世代リーダーの育成について解説してきました。次世代リーダーはVUCAの時代といわれる現代で重要度が増す一方で、その育成は困難です。ただし、研修サービスを活用すれば、その解決がスムーズに行えるといえます。

 

Marketing Townでは、次世代リーダー育成にもおすすめの研修となっています。全国どこからでも参加可能なオンライン研修のプログラムもございますので、関心のある方は下記リンクから詳細をご確認ください。

 


 

「Marketing Townで次世代リーダーに必要な経営視点を身に付けよう!

3分でわかる資料はこちら!

 

 

まずは資料を請求する