マーケティングタウンとは | Marketing Town(マーケティングタウン)
マーケティングタウン
マーケティングタウンとは

 

『Marketing Town』とは、

“経営視点”を“体感”で学ぶ企業研修用ビジネスゲームです。

ゲームルール概要

◯プレーヤーは経営者となり、3年間の会社経営を行います。

◯毎ターン、6個の意思決定からアクションを選び、収支・行動の記録を取ります。

◯最終的な「営業利益」で成績を評価します。

 

6つの意思決定

【市場調査】
 タウンカードをめくり、その地区にどの消費傾向の顧客が住んでいるのかを調査します。

【出店】
 店舗コマをタウンカードに配置します。

【広告】
 影響力キューブを配置し、認知拡大・ブランド価値向上を行います。

【仕入】
 3種類の中から適当な商品を仕入れて、倉庫に配置します。

【販売】
 倉庫の商品を、適切な価格・供給量・顧客を設定して販売します。

【資金調達】
 前年の売上高に応じて、銀行から現金を借り入れます。

 

マーケティングタウンで体感する3つの視点

従来の研修は「財務会計」「マーケティング」等を、それぞれを独立した内容としての学習する講義が中心でした。
しかしそれでは、部分最適的な意思決定しかできませんでした。

マーケティングタウン研修では、ゲーム中、経営者としてそれらの要素を連動させて判断を行います。 そのため、「広告ばかり打ってはいけない」や「人件費も考慮しなければならない」などの、 相互の関係性を体感として学習することができます。


〈マーケティング〉

基本的な考え方であるフレームワーク、『4P』『3C』を用いた思考方法を習得できます。ゲームのプレイそのものがこれに即した行動になるように設計されているため、”体感”でマーケティングを学ぶことができます。

 

〈財務〉

会社の財務状況を把握するために必要な計算書類はプレーヤー自身で作成します。そのため、ゲームレベルをあげると、自分で『損益計算書』『貸借対照表』を書くことができるようになります。

 

〈経営戦略〉

ゲーム上では、さまざまな経営戦略の動きを確認することができます。 市場を『シュミレーション』しているので、実際の市場と同じ戦略を自分自身の経営判断として体験できます。学習プランによっては、『事業計画書』を書けるようにもなります。

 

〈その他〉

『企業理念の浸透』『取り組みの意図伝達』『組織目標とそれに伴う手段の認識』など、ゲームを通じてさまざまな内容を体感することができます。
目的に合わせて、学習内容をカスタマイズできますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

\\現在、研修スライド公開中//

 

 

お問い合わせ

現在、無料で研修プランナーに相談可能です。
こちらよりお気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら

 

ゲームシート公開中

ゲーム中に使用する「ルールサマリー」と「財務シート」です。
学習の予習・復習に活用ください。