ヒューマンスキル研修とは?実施すべき5プログラムを解説! | Marketing Town(マーケティングタウン)
マーケティングタウン

お役立ち情報

ヒューマンスキル研修とは?実施すべき5プログラムを解説!

近年、注目を集めているヒューマンスキル。ヒューマンスキルは人柄や性格に依存するというイメージがありますが、実はスキルとして学習で身に付けることができます。

 

また、ヒューマンスキル=コミュニケーション能力だけとらえられがちですが、ヒューマンスキルは7つに細分化することができます。

 

本記事では、そんなヒューマンスキル研修の内容とその効果について具体例を挙げつつ紹介していきます。「ヒューマンスキルの具体的なプログラムについて知りたい」「ヒューマンスキル研修のメリットは何か」について知りたい方はぜひご参照ください。

  • チームメンバーのヒューマンスキルを高めたい
  • ヒューマンスキルを効率的に身に付けたい
  • 具体的なヒューマンスキル研修を探している

詳細はこちら

 

そもそもヒューマンスキルとは?

ヒューマンスキルとは、日本語で「対人関係能力」と訳され、ビジネスで他者との関わりにおいて目的を達成するためのスキルです。このヒューマンスキルは、役職に応じて必要とされる能力の割合を考えるカッツモデルというフレームワークで分類されたスキルの1つです。

 

 

 

 

そして、ヒューマンスキルは以下の7つに分けることができます。

 

 

・コミュニケーション

・ネゴシエーション(交渉力)

・ヒアリング(傾聴力)

・リーダーシップ

・プレゼンテーション

・コーチング

・ファシリテーション

 

 

このように具体的に細分化すると、ヒューマンスキルが単なるコミュニケーション能力だけではないということが分かりますね。ヒューマンスキルはマネジメントには欠かせない能力です。そんなヒューマンスキルを磨くための手段の一つに研修があります。

 

しかし、ヒューマンスキル研修が、実際どれほどの効果があるのか気になる方も多いのではないでしょうか。次の章では、そんなヒューマンスキル研修の効果について紹介します。

 

ヒューマンスキル研修の効果とは

black smartphone near person

 

ヒューマンスキル研修は、研修の中で他者との交流を交えつつ学ぶため、効果的にスキルを習得することができます。効率よく社員の育成を行いたいと考えている方に向けて、そんなヒューマンスキル研修の効果を二つ紹介します。

 

①自立自走力が身につく

効果の1つ目は、自立自走力が身につくことです。近年、新型コロナウイルスの流行などの影響によって、ビジネスを取り巻いている環境は大きく変化しています。そのため、こうした変化に自分自身で対応する力は必要不可欠です。

 

外部環境が複雑化していく中で、どの分野や階層でも活かすことができる能力がヒューマンスキルです。常に変化する市場において自立自走できる組織の必須スキルといえるでしよう。

 

②自分を客観視できる

効果の2つ目は、自分を客観視できることです。研修で他の受講者と関わることで、相手の立場に立つことができ、他者からのフィードバックを受けることができます。それによって、他者の考えを正確に理解できるようになり、自分の考えを正確に伝えることができるようになります。

 

新入社員であればマネジメントを行う上司と、中堅社員~管理職であれば現場を知る部下と、良好な関係を築くことが可能になるでしょう。お互いの理解が進めば、会社としても風通しが良い環境になります。

 

ヒューマンスキルの5つの研修内容とは

ヒューマンスキル研修の効果について紹介したところで、この章ではヒューマンスキル研修の内容を紹介します。7種類のヒューマンスキル、それらの研修内容は大きく5つに分けることができます。それでは、5つそれぞれの研修内容を見ていきましょう。

 

①リーダー研修

リーダーシップとは、目標達成のために組織を牽引する力と表現されます。しかし、その捉え方は人それぞれなので、改めてリーダーシップとは何かを学ぶことは社会人にとって必要不可欠です。

 

具体的には、「リーダーシップ」「ビジネスプロデュース」「コーチング」などのプログラムがあります。これらの研修で磨かれるリーダーシップは、社内のどの階層においても重要です。

 

以下の記事では、リーダー研修について具体的に紹介しています。ご興味のある方はぜひご参照ください。

 

リーダー研修は何をする?VUCA時代必須の研修を解説!

 

②コミュニケーション研修

社内や交渉の場のコミュニケーションで、上手くいかないと困った経験がある人は多いはずです。例えば、上司または部下との間でコミュニケーション不足による誤解があります。こうした問題を避けるためにも、研修でコミュニケーションを学ぶことは大切です。

 

具体的には、「ファシリテーション」「交渉力」「プレゼンテーション」などのプログラムがあります。実践的なスキルを学べるプログラムが大変豊富です。

 

以下の記事では、コミュニケーション研修について具体的に紹介しています。ご興味のある方はぜひご参照ください。

 

コミュニケーション研修とは?ビジネスゲームを用いた研修も紹介!

 

③マネジメント研修

中堅社員や管理職になればなるほど、マネジメントを行う機会は増えていきます。研修は、そうしたマネジメント層はもちろん、新入社員もより高次の視点を得るという意味で参加する意義はあります。より主体的な新人の育成にも繋がるでしょう。

 

具体的には、「組織マネジメント」「経営管理」「MBAマネジメント」などのプログラムがあります。マネジメントは人柄ではなくスキルであるため、研修で学ぶことをおすすめします。

 

④ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングは円滑なコミュニケーションをする前提に必要となってきます。特に、意思決定の多い管理職の方はこのロジカルシンキングが必須です。ロジカルシンキングを身に付ければ、発言にも説得力が増してくるでしょう。

 

具体的には、「問題解決」「意思決定」「能力開発」などのプログラムがあります。ロジカルシンキングは本でも学ぶことができますが、研修で学ぶことでインプットからアウトプットまでの時間が短くできるのがポイントです。

 

以下の記事では、ロジカルシンキング研修について具体的に紹介しています。ご興味のある方はぜひご参照ください。

 

ロジカルシンキング研修とは?学習内容と効果を対象別に解説!

 

⑤ハラスメント対策研修

時代の変化によって、多様な働き方や女性の社会進出が当たり前となった時代になりました。そのため、時代の変化ともにで、部下と良好な関係を築くためにハラスメント対策研修は会社として必須です。

 

具体的には、「メンタルハラスメント」「マタニティハラスメント」「ダイバーシティ」などのプログラムがあります。自身が気づかないうちに部下へハラスメントをしないためにも対策は欠かせません。

おすすめのヒューマンスキル研修とは

 

最後に、総合的にヒューマンスキルを高めることのできる研修について紹介します。それが、体感型アクティブ研修の「マーケティングタウン」です。ヒューマンスキルは、ビジネスゲームを通して学ぶこともできます。

 

マーケティングタウンでは、各プレイヤーは経営者となり、毎回変化する仮想の市場で会社経営を行います。市場環境、プレイヤー間競合、財務状況などを意識しながらプレイする本格派ビジネスボードゲームであるため、必然的に実践的なコミュニケーションが求められます。

 

特に、オンライン版の「マーケティングタウン ザ・チーム」では、各メンバーが事業マネージャーとしてチームで経営を体験するため、コロナ禍でなかなか体感型の研修を行うことが難しくなっている状況下でも常に効果的で、チームとしてのコミュニケーションスキルが上がります。

 

さらに、マーケティングタウンは、専属プランナーが企業ごとの課題感や目的に合わせてプログラムをカスタマイズを行います。コミュニケーション研修の目的に合うオリジナルプログラムが作ることもできます。

まとめ

本記事では、ヒューマンスキル研修の効果や内容について紹介しましたが、研修によって様々なメリットが得られることが分かりました。特に、ヒューマンスキル研修は具体的かつ多岐にわたるプログラムがあります。事前に取り入れたい内容が決まっていれば、自社にあった研修プランを選ぶことができます。

 

Marketing Townでは、ボードゲームで体験的にマーケティングを学ぶことのできるサービスがございます。関心のある方は下記リンクから詳細をご確認ください。

 


 

「Marketing Townで総合的にヒューマンスキルを身に付けよう!

3分でわかる資料はこちら!

 

まずは資料を請求する