【若手社員向け-財務】ビジネスボードゲームで企業会社を疑似体験し、利益意識を向上させる研修 | Marketing Town(マーケティングタウン)
マーケティングタウン
【若手社員向け-財務】ビジネスボードゲームで企業会社を疑似体験し、利益意識を向上させる研修

対象者

若手層(1年目〜3年目)

このようなお悩み・課題に対応します

✔︎ ビジネスパーソンに不可欠な知識として、P/L(損益計算書)を読めるようになってほしい。

✔︎ 利益構造の理解や利益を最大化するための戦略思考・コスト意識を身につけてほしい。

✔︎ P/L(損益計算書)を理解して、数字に強いビジネスパーソンになってほしい。

✔︎ 経営の全体像を理解することで、日常業務で高いパフォーマンスを出してほしい。

✔︎ 座学だけでなく、財務諸表作成ワークを通じて、知識を深く定着させたい。

研修のゴール

自立自走して活躍するために企業の利益構造を理解する。

「若手社員に早期に活躍してほしい。自分たちもできると自信を持ってほしい。」そのような企業の課題は多くの企業において共通の課題であります。

本研修は、企業活動における財務の基本的な考え方、財務諸表の読み方を講義によるインプットだけでなく、ビジネスボードゲーム「マーケティングタウン」を活用した会社経営の疑似体験によるアウトプットにより学習します。会社のお金の流れや利益構造を経営的視点から捉えるスキルを養います。

研修内容・特徴

<P/L(損益計算書・利益構造)、P/L(損益計算書)作成>

1.経営視点で会社のお金の流れを理解する
会社経営におけるお金の流れを講義によるインプットにより理解します。財務諸表の一つである損益計算書をベースに利益構造の理解というビジネスをとらえる上で必須のスキルの習得を目指します。

2.座学だけではなく、実践により受講者の考える力を習得させる
座学で学んだ知識と考え方をビジネスボードゲームによる会社経営の疑似体験、そして損益計算書作成ワークショップにてアウトプットすることで、単なる知識の習得だけではなく、受講者が自ら考え、適切なアクションをとれるようになることを目指します。

3.習得した知識と考え方を自社の業務に落とし込む
講義によるインプットとビジネスボードゲームによるアウトプットにより、習得した考え方、視点を自社の通常業務に置き換えて日々の業務で活かせるように考える機会をつくります。

 

※ご要望に合わせてプログラムの内容はカスタマイズ可能です。詳しくはお問い合わせください。

プログラム内容

1.企業のお金の流れと利益構造の理解
2.P/L(損益計算書)の理解
3.会社経営体験による実践(「マーケティングタウン」プレイ)
4.P/L(損益計算書)作成ワークショップ
5.振り返りシート作成&共有
6.まとめ

研修概要

対象・・・・・・・若手層(1年目〜3年目)
学習テーマ・・・・PL(利益構造)、PL作成
研修時間・・・・・1日(5〜7時間)
推奨実施人数・・・5〜30名
実施形態・・・・・オンライン、オフライン

関連研修


【管理職向け-経営戦略】ビジネスボードゲームで会社経営を疑似体験し、戦略思考で事業計画を立案する研修

【次世代リーダー向け-経営戦略】ビジネスボードゲームで会社経営を疑似体験し、戦略思考で事業計画を立案する研修

【中堅社員向け】ビジネスボードゲームで顧客視点のマーケティングを体感する研修

【新入社員向け】ビジネスボードゲームでマーケティングのプロセスを体感する研修