失敗しない人材育成のためのスキルマップ作成術 | Marketing Town(マーケティングタウン)
マーケティングタウン

お役立ち情報

失敗しない人材育成のためのスキルマップ作成術

 

人材育成設計を考える上で、必要不可欠なスキルマップ。一見簡単に作れてしまいそうですが、作成には押さえておくべき手順やコツがあります。

 

今回は、弊社が発行している『スキルマップ制作ガイド』を一部抜粋し、人材育成に失敗しないスキルマップ作成術をご説明します。

 

ダウンロードはこちら

 

なぜスキルマップは必要なのか?

 

スキルマップとは、従業員の現状のスキルや、求めるスキルを一覧にしたものです。

組織が成長を続けていくと、「従業員の拡大」「組織編成の整理」「新入社員の採用開始」など嬉しい変化を生みます。そんな中取り組む施策のひとつが、人材育成です。

 

しかし、闇雲に研修やOJTをはじめても、なかなか良い結果はでません。

 

そこで、人材育成をはじめる前に組織として「どのような人材になってもらいたいのか」「いつ、どのようなスキルを身につけてほしいのか」を定めることで、効率的な人材育成に取り組むことができます。この時に作成するのが、スキルマップです。

 

 

スキルマップは誰が作成するべきか?

 

スキルマップ作成は、人事・育成担当者が主体となり、経営層、マネージャー・現場社員と連携を取りながら行うのが効果的です。

 

人事・教育担当者だけで考えてしまうと、現場の求めるスキルと乖離が出てしまい、マネージャーや現場に任せてしまうと求めるスキルに偏りがでてしまいます。

 

また、人材育成は長期的に考える必要があるため、経営層から成長戦略・経営方針などを確認しておくことも重要です。

 

 

スキルマップ制作・運用のコツ

 

スキルマップ作成・運用にはコツがあるので、いくつかご紹介します。

 

スキル項目の粒度

作成時につまづくポイントの1つです。

はじめてスキルマップを作る際には「どこまで細かく定めるべきかわからない」「大きくまとめすぎて具体的に次のアクションが見えない」このような状態になることは少なくありません。

スキル項目の粒度は、達成状態や目的に合わせて調整し、統一できるよう担当者間で共有しておきましょう。

 

評価の公平性

人材の採用・育成・評価・配置はすべてセットで考える必要があります。

そのため、スキルマップを評価制度に紐付け、評価基準を公表しておくと、メンバーの納得感も高まります。

 

スキルマップの更新

スキルマップは組織成長や研修検討、評価時期などに合わせて定期的に見直し、更新を行いましょう。

また外部環境としても、社会的に大きな変化のあったタイミングでの見直しも効果的です。

 

スキルマップが完成したら

 

スキルマップが完成した後は、スキルを身につけてもらうための「研修設計」を行いましょう。

 

階層や部署などで対象者を分け、研修内容・研修手段(OJT、集合型、体感型等)・実施時期を設計しましょう。

 

スキルマップ制作ガイド完全版をダウンロード

 

当サイトでは、今回ご紹介したスキルマップ制作ガイドの完全版をこちらのページで無料配布しております。

 

また完全版には付録として、スキルマップ制作に役立つGoogleスプレッドシートがついてきます。

 

「もっと詳しく内容を知りたい」「資料を手元に置いておきたい」そんな方にオススメです。

 

おわりに

スキルマップは組織の人材育成において、大きな基盤となります。はじめての作成では労力もかかりますが、1度作成すれば更新しながらずっと使い続けることができます。

 

「これから人材育成計画を考える」「研修や育成計画を見直したい」

 

そんな時はまずスキルマップ制作から取り組んでみてはいかがでしょうか?

 
 

スキルマップ制作ガイドはこちら