ボードゲームを使ったゲーミフィケーション研修は、従来の講義型研修と比較し、学習定着率が高いと言われています。
こちらでは、脳の記憶メカニズムの観点から見たボードゲーム研修の効果についてご説明します。

記憶の分類

記憶は、短期記憶と長期記憶に分かれます。短期記憶に入った情報のほとんどは、30秒〜数分ほど保持され、その後忘れられてしまいます。しかし、短期記憶の一部は長期記憶に転送され、数時間〜数年間、あるいは生涯にわたって記憶することができます。このように、学習した内容を定着させるためには、長期記憶にアプローチすることが必要です。

 

また、長期記憶は、以下の4つに分類することができます。

◯エピソード記憶 … 過去の自分の経験や出来事に関連したストーリー的記憶
  例)「昨日、ボードゲームカフェで同僚とカードゲームをした」のような過去の経験

◯意味記憶  … ”知識”の記憶
  例)「4P」「3C」のようなマーケティングのフレームワークに関する知識

◯プライミング記憶 … 感覚・知覚など、瞬時に対象を見極めるための記憶表象
  例)「マーケティング」という単語を見た後に、「◯◯ィング」という文字列を見ると、
     先ほど見た単語を想起し、「マーケティング」と読んでしまう現象

◯手続き記憶 … 感覚的に会得している、想起意識が伴わない記憶
  例)自転車の乗り方

記憶メカニズムから見た従来の講義型研修の問題点

記憶メカニズムという観点から研修について考えてみると、主に従来の講義型研修は、新しい知識の獲得、つまり「意味記憶」の獲得にフォーカスされたものであると言えます。

しかし、10歳頃を越えると、人はエピソード記憶や手続き記憶が優位になります。
そのため、従来の意味記憶の獲得を主とする「座学」の講義型学習は、効率のいい企業研修とは言えません。

意味記憶の他に、エピソード記憶や手続き記憶にアプローチし、より長期にわたって知識を定着させることのできる研修プログラムが必要なのです。

エピソード記憶と手続き記憶にアプローチできるボードゲーム型学習

エピソード記憶へのアプローチ

Marketing Townでは、ゲームの世界の中で、自分自身が小売店の経営者となることによって、マーケティングや経営の”疑似経験”を得ることができます。ゲーム内では、勝敗、競合の発生、自身がどのような戦略を用いて対処したかなど、様々なストーリーが生まれます。この”疑似経験”がエピソード記憶となって定着することで、学習内容を想起しやすくなります。

また、ゲームの中で様々な会話が生まれることで、より強固なエピソード記憶として知識を定着させることができます。

手続き記憶へのアプローチ

手続き記憶の獲得も重要です。
手続き記憶は、一度定着するとなかなか忘れることのない、長期記憶の中で最も強固な記憶と言われています。それにも関わらず、これまでの研修では、手続き記憶へのアプローチはあまり考慮されてきませんでした。Marketing Townは、マーケティング思考を意識しなくても、マーケティング的な行動が取れるようなゲーム設計になっています。そのため、「体感」として、マーケティングや会社経営を記憶することができるのです。

マーケティングや会社経営についての学習は、意味記憶の階層に留めておくだけでは不十分です。
手続き記憶にまで落とし込み、「思い出そうとしなくても、フレームワークを自然に活用できている」という段階になって初めて、実践に活かすスキルとなります。

より実践に活かすMarketing Town研修

Marketing Town研修では、「座学」として意味記憶にアプローチするだけでなく、経営の「疑似経験」を通してエピソード記憶や手続き記憶にアプローチすることができます。脳の記憶メカニズムの観点から考えても、非常に学習効率のよい教育プログラムです。

 

  • 学習内容を長期にわたって持続させる
  • 研修で得た知識を実践に活かせるようになる

 

Marketing Townでは、この2点の学習効果を目標とし、座学と実践の間の”疑似経験”を提供しています。

そのため、研修を一度限りにせず、継続的に行うことのできるパッケージをご用意しています。定期的にゲームを繰り返し、様々な戦略パターンを経験することによって、学習内容を手続き記憶として定着させ、確実なスキルとして実践に活かすことが狙いです。


Marketing Town
を用いた企業研修にご興味を持たれた方は、ぜひ資料をご請求の上、プログラムの詳細についてお確かめください。

 

出典:Tulving, E. (1972). Episodic and semantic memory. In E, Tulving & W, Donaldson (eds.), Organization of memory. Academic Press. pp. 382-403.
Tulving, E. (1984). Relations among components process of memory. Behavioral and Brain Science, 7, 223-238.
池谷祐二(2001)『記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶の仕組みと鍛え方』.講談社.